牽引器具をやってみた(アンドロヤマトLight)

アンドロヤマトの新製品をやってみた・・・

たっきーです。こんにちは。
お久しぶりの更新です。

お気に入りのお店NLSショップをなんとなく見ていたら、
あのペニス増大伸長器具「アンドロヤマトV3」が販売終了となっていて、マジかよ〜と思ったのですが、
しかしその代わりに 「アンドロヤマト Light」という物が発売されていて、
しかも値段もだいぶ安くなっていたので、思わず買ってみましたよ。

・・・実は昔も(10年前くらい?)一度アンドロペニスだかヤマトだか忘れましたが買って試したことがあるんです。
でも痛みがどうしても苦手で、リアル3日坊主でした。そしてリアルにゴミ箱にポイしました(笑)
ということなので、牽引器具は二度目ということになります。

さっそく引っ張ってみましたよ。
アンドロヤマトLightでペニスを牽引引っ張ってみる
ペニスが細〜く引き延ばされて変な感じです。かっこ悪い(笑)

延長ロッドはフル装着(5個)でやっています。
延長ロッドが、以前のアンドロヤマトV3では金属だったのが、プラスチックになっていて簡素化されています。
そして以前はロック機構があったようですが、それが廃止されて、こういったのが低価格化の要因のようです。
(アンドロヤマトLightのセット内容)
アンドロヤマトLightの内容

亀頭下に黒いのありますが、ビニールテープです。
それはですね、自分的なアイデアですが、それを思い付いたのは
ポンプ吸引トレはいつもビニールテーピングをしてやってるわけですが、終わってもそれを外さずに、亀頭下を親指と人差し指で握ってペニスを引っ張るストレッチをしてたんです。

以前、テーピングを外してそれをやってたら、私は亀頭が大きくないので、力を入れるとすっぽ抜けることが多かったんです。
でもテーピングしたままでは、良い感じにグリップ効いて外れない。
ですので、かなり力を入れて引っ張ることができました。
・・・この事を思い出したんです。
そういえば昔アンドロやった時もよくすっぽ抜けたなぁと思い出しました。

そういうことで、アンドロにも応用できないかと思いビニテ巻いて牽引してみたのですが、案の定いい感じです。
すっぽ抜ける感じがありません。痛みも軽減される感じで、我ながらいいアイデアだと思います。

ただ注意点が二つあり、一つ目は、ビニテ巻く時に、皮を伸ばしながら巻くこと。(シワのないように)
シワシワのまま巻いて牽引すると、粘着面から皮膚が突っ張ってきて痛い思いをします。

二つ目は、終わってもビニテをすぐに外さないこと。
すぐに外すとめっちゃ痛かったです。
しっかり巻かれた上にさらにチューブにより圧着されたビニテを、長時間の牽引で弱った皮膚から剥がすのは、慎重にやりましょう。
少し時間が経ちペニスが温かくなってから、またはドライヤーなどで温めてからゆっくり外すといいです。
経験上、お風呂の湯船に浸かりながら外すのが私は一番痛くないです。とにかく「温めてから」です。


こんな感じでペニスを引っ張っているわけですが、
私の使ってる「アンドロヤマト Light」以外には他のアンドロ系(牽引)器具は
「アンドロペニス・ゴールド」
「アンドロエクステンダー」
「メイルエッジ」
があります。

アンドロペニスは、アンドロヤマトに形状が一番そっくりですね。ヤマトの高級版という雰囲気。
(発売順的にヤマトがアンドロペニスにそっくりと言った方が正しいですね)
他のはバンド部分(ペニスを巻く所)に個性がある感じです。


長年ペニス増大ポンプで増大トレーニングをやってきましたから、たまには遊びで牽引器具もいいかなと思って買ってみましたが、
正直、やっぱり痛いです。
牽引痛とでもいうか、独特の痛みがだんだん発生してきます。
これに耐えられるかどうかが、この器具の一番の問題だと思います。
これを耐えられる又は楽しいと思える方なら、良い結果を出せるかもしれません。

正直、私はあまり自信がありません(笑)
きっと弱く引っ張ってれば全然余裕なのかもしれませんが、私はトレーニングはどうしても強くしたい性分なので、耐えられる目いっぱいでやっちゃいます。
だからどうしても痛みは発生してしまいますが、前みたいに3日坊主にならなければいいなぁって感じでやっていきます。

 ※いつもありがとうございます。「1日1票」よろしくお願いしますm(_ _)m  
投票ありがとうございます!
⇒ブログランキング投票