包茎が治った話

昔は包茎だったのですが・・・

私は、ペニス増大に出会う前、まだペニスに関してまったく無知だった時、
年齢的には、20代後半くらいまででしょうか、
私のペニスは包茎でした。

いわゆる仮性包茎。

※ちなみに仮性包茎とは、もっとも多い包茎のタイプで、平常時は包皮が亀頭を覆っています。
手でむくと亀頭を露出させることができます。
勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する軽度の仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まであります。
(ちなみに平常時でも亀頭が包皮で覆われていて剥くこともできないのを真正包茎と言います)


・・・とありますから、
その区別でいうと私のは「重度の仮性包茎」となります。

当時のサイズアップ以前の小さいままの私のペニスは、
平常時は被っていましたし、勃起時も皮が被っていました。
勃起しても亀頭の8割くらいが皮に被っているという状態で、
剥くことはできましたけど、剥いてもすぐにまた元に戻る…という仮性包茎ペニスでした。

平常時は見られることがないのでいいですが、勃起時まで被ってるのが嫌で、
それを見られたくなくて、SEXの前とかは、こっそり剥いては、また戻ったらまたこっそり剥いて・・・そんなことを繰り返していました。
ことあるごとに亀頭の皮を剥いて、被ってるところを見られないようにしました。
ですから当時のセックスは、楽しみでもあると同時に、見られたら嫌だな・・・というちょっと憂鬱感もありました。


ですが、それがあることをしてから良くなったのです。

あることというのは、ペニス増大のエクササイズです。
※私のペニス増大の経緯については「私のペニス増大経歴」参考

いわゆるジェルキングとかミルキングとか言われてるやつで、
ペニスを手で握って血液を送り込んで拡大させていくというトレーニング法です。

それで、ペニス増大的にはペニスは1センチほど大きくなり、
亀頭も3ミリ(横幅)ほどは大きくなったと思います。

それと同時に、皮を被ることはほぼなくなりました。

ただ、むやみにエクササイズをやっていたわけでなく、やり方としては
皮をなるべく伸ばさないようにと意識してやっていました。
ペニスを根本から先端の方にストロークするときに、あまりストロークし過ぎないようにとか、
とにかく皮に影響を与えないように気を付けながらやっていました。

それともう一つ、亀頭を大きくすることを意識してしました。
皮が被っている人はおそらく亀頭も小さい人が多いのではないかと思いますが、
私も例外ではなくそれで、やはりサオに比べて亀頭が少し小さかったのです。
亀頭が小さいとどうしても被りやすいですよね。
だから、亀頭を大きくするエクササイズを中心的にやりました。
具体的には、手で握ってストロークの手が亀頭下まで来たら、亀頭がパンパンになりますのでその状態を10秒〜20秒キープ(この時PC筋にも力を入れる)・・・
といった感じで、そのトレーニングを重点的にやっていました。

そういったトレーニングのおかげでペニスも亀頭もサイズアップし、
亀頭もサオと同じくらいの太さにサイズアップしました。

仮性包茎の方も、勃起時は完全に剥け、
また平常時もたまに被るくらいで常にほぼ剥けた状態まで改善しました。

つまり、ほとんど包茎は治ったと言ってもいい状態までなりました。

皮よりもペニス本体の成長が上回った結果だと思いますし、
また亀頭が大きくなったことで平常時も亀頭を皮が乗り越えにくくなったのです。

その後ミスターハイ(解説サイト)に出会い、ペニス増大ポンプに本格チャレンジして今に至りますが、
結果ペニスはさらにサイズアップしながら、皮の状態もほとんど同じ状態を保っています。
ペニス増大の中に包茎改善ということを取り入れながらやっていくことで、
私のコンプレックスは解消されることとなりました。


ポンプをやると、皮が伸びてしまって包茎になりやすいという説もありますが、確かにそれは否定できません。
包皮は柔らかいのでどうしても一番伸びやすい部分でもありますからね。

しかし、それはやり方次第でもあります。

ひと言で言うと、吸引で皮を極力伸ばさないようにすればいいだけなんですが、
そのために大事なのは、
・フグる人は亀頭下にテーピングをしっかりすること
・やり過ぎて全体もパンパンにフグらせないこと

これらが重要ですね。

ブログでは何度も書いてますけどね、やっぱり基本のフグ対策が大事です。

私の場合は、亀頭下のテーピングはなるべくしっかりきつくやるように、それは特に意識しました。
亀頭下を締めることは、特に私みたいな亀頭の大きくない人にとってはカリを高くするために大事だと思いましたから。

ただ惜しむらくは・・・
初期の頃は対策も何もせずガンガン吸引してフグらせてましたから、
もしそれをやってなかったら 最初から対策して皮をフグらせなかったら、
もしかしたら今は平常時もまったく被ることのない“完全ムケチン”になっていたかもしれません。

ですから、吸引しながらムケチン目指してる人は、しっかり対策しましょうってことです。


まあそれでも、ほぼかわらず現状維持のままですし、
ペニスがさらに2センチ大きくなってのことですから、十分満足なできです。

結局、包茎改善に効いたことをまとめますと、
・ペニスが大きくなること
・亀頭が大きくなること
・皮伸びをなるべくさせないこと


これらの3つが関連していて、これらの複合効果なのだと思います。

ペニスが大きくなって、さらに包茎が改善されるなんて、最高ですよね!?
それを実現させるためには、上の3つのことをさせればいいわけです。

ジェルキング、そしてパワーポンプやパワーゲージなどの増大ポンプで
ペニスを増大してさらに包茎を治すための情報をお伝えしました。


もし私がペニス増大という言葉をまったく知らなく、ペニス増大にチャレンジしてなかったら、
きっと今でも包茎のままだったでしょう。

ペニスサイズも小さくて重度の仮性包茎のまま・・・

想像したら、ああなんか、怖い。今そうじゃなくて良かったとつくづく思います。

これはすべてペニス増大のおかげですからね。
「ペニス増大」という言葉にはやっぱり感謝の言葉しかありません。



P.S. 包茎についてですが、治ったのは単純に嬉しいですが、でも実は包茎に対してはそんなに悪いイメージは持っていません。(昔「仮性包茎万歳!」なんて言ってたくらいですから)
仮性包茎は、剥けば剥けるわけですからそんなに困ることもないし支障もあまりないし、それに日本人の半数以上は仮性包茎と言われていますし、別になんてことないことだと思います。
それよりも私は「ペニスサイズ」が気になってましたので、ペニスが大きくなったことがとても嬉しいのです。

嬉しい順に挙げてみますと
一番いいのは、ペニス増大して包茎も治る・・・最高に嬉しい!
二番目にいいのは、包茎でもペニスは増大して立派になる・・・嬉しい!
三番目は、包茎は治ったけどペニスは小さいまま・・・そんなに嬉しくない。
四番目は、包茎でペニスも小さいままである・・・嫌だ!
この順番ですが、昔は四番目だったから嫌だったのです。

もし包茎だけ治っても、ペニスが小さいままならさほど嬉しくなかったし、包茎であっても、ペニスが大きくなったら嬉しいに違いありません。
(ちなみにAVとか観てても、男優さんでも包茎気味の人も時々いますよね?あれ、結構皮被ってるよね?みたいな。だけど、大きいからおおっ!って思うし、皮を被った巨根ペニスって逆に興味をそそられるというか興味津々で見てしまいます 笑)

やっぱりメインは「ペニスが大きくなること」で、私はこれが最大の醍醐味で、ペニス増大してたらついでに包茎まで解消してくれましたから、最高に嬉しいなぁ!!ってわけです。
私のコンプレックスのほとんどを解消してくれた「ペニス増大」には、本当に感謝しかないのです。

 ※いつもありがとうございます。「1日1票」よろしくお願いしますm(_ _)m  
投票ありがとうございます!
⇒ブログランキング投票