亀頭下のフグり皮伸びを極力抑えるコツ

亀頭下のフグりは皮伸びの一番の原因ですが・・・

ポンプでペニスを吸引して増大するのは良いですが、
できれば皮は伸びて欲しくはないものです。

増大ポンプっていうのはどうしてもその特性上、吸引しますから、皮も膨らみやすくなります。
その皮が膨らんだ状態を「フグり」とか「フグった」とか言いますが、
(亀頭下の場所が一番フグりやすく、孫悟空の輪状態になりがちです)
一度や二度フグらせたって問題ありませんが、でもそれを何度も繰り返していると、
だんだん少しずつ皮が伸びていってしまう・・・ということが起こってしまいます。

つまり、フグりが皮伸びの原因ということですが、
ですからポンプ吸引時の理想は、なるべくフグらせずに、ペニスを吸引すること。

それを繰り返すことで、皮伸びをせずペニスが増大し、
うまくやると「ペニスが大きくなってさらに包茎が治る」ことも可能です。
それは、皮の伸びを抑えてペニス本体だけを成長させたために起こることです。


そのためには、まず基本のおさらいとして
「皮の伸びとペニスの黒さについて」という記事に以前書きましたが、
皮伸び防止のためには「亀頭下のテーピング」は基本中の基本です。

つまり、孫悟空の輪状態の阻止ですが、
必ずしもテープじゃなくても、亀頭下が膨らむのを何かしらの方法で抑えることが大切で、
それさえしっかりやってたら、亀頭下のフグりはかなり抑えることができます。

あとは記事中にも書いてますが、あまり無理な吸引をしないことです。
亀頭下は抑えられても、ハイパワーで長い時間やってると、全体がふっくら膨らんできたりします。
1時間も吸引してればかなりのふっくらパンのよう状態になってしまう場合もあります。
それもフグり皮伸びの原因になりますので、そうならない程度の吸引に留めましょう。
少し膨らむ程度なら良いですしそれは普通ですが、膨らみすぎないように気を付けてください。

亀頭下を膨らませない、全体をふっくらさせ過ぎない、
それら二つの基本を押さえてれば、皮は極力伸ばすことなくペニス本体だけを成長させることができ、
憧れの「剥けた巨根ペニス」へと近づいていくはずです。

吸引って楽しいのでついついやり過ぎてフグらせてしまうこともありますが、
でもなるべく成長は本体だけに集中させて、素敵な巨根ムケチンを目指していきましょう!


P.S. 最後に裏ワザというかちょっとしたコツ。
テーピングは「吸引終わってもすぐに剥がさずしばらくそのまま着けておく」といいですよ。
すぐに剥がしてしまうと、その後から亀頭下が少しですが膨らんできます。
でもしばらくテーピングしたままにしておくと、そうならず亀頭下は引き締まったままです。
時間は30分ぐらいでもいいかもしれませんが(私なんかそのまま寝ることもあります)しばらく時間を置いてからテープを剥がすのですが、
これを徹底してやった結果、亀頭のカリがくっきりしてきました。
吸引で亀頭は膨らむけれど亀頭下は引き締まってるので、くびれができて、カリがくっきり。
憧れのカリ高ペニスになってきていて嬉しい限りです♪

 ※いつもありがとうございます。「1日1票」よろしくお願いしますm(_ _)m  
投票ありがとうございます!
⇒ブログランキング投票