包茎手術の体験談2

包茎手術の体験談です・・・

以前「人並みの大きさになりました」という喜びの報告をしてくれた方がいましたが、
その方が包茎手術をしたそうでして、その体験談をいただきましたのでシェアしたいと思います。

こんにちは管理人様。
今年の3月下旬にMシリンダーについて質問し、
その内容を管理人様のブログにも掲載していただきましたnotebookです。

あれから私は、包茎矯正器具「サフィット」の効果の限界に「やっと」気づきました。
私のようなミニちんちん、別名「ポークビッツ」にいくら剥き癖をつけたところで無駄なのです。

”當婿のペニスのサイズに対しての「皮」の余りが「多い」から
→戻ろうとする力が強いので、癖をつけた「地点」を飛び越えてきます。
→「ポークビッツではない」「亀頭は大きいほうだ」という方には期待できる。

亀頭露出が目的としても、一生装着しなければならない
→露出による亀頭への負荷を避けた増大のための「癖をつける」としては効果があるが、
結局亀頭が大きくならなければ皮は「簡単に」飛び越えてきます。

私は以上のことから「包茎手術」を考えるようになり、

 屮汽侫ット」をこのままずっと装着し続けるのはイヤ
◆屮檗璽ビッツ」には自信が持てない(T∀T)せめてムケチンが良い
H蕕余っていない方が相手も気持ち良いだろうと判断

の理由から包茎手術を受けました。

私が包茎手術を受けたのは今年の6月下旬です。
その時とその後の経緯を書きますので ブログのネタにでもして下さい。

まずはどこで受けるかをネットで探しましたところ、
費用が6万3千円と安めの「東○○○○クリニック」を見つけほぼそこに決定。
一番近い「○○医院」があったので決定。
ネットから申し込みしました。
→読んでわかる通りあまり考えてクリニックを選んでいませんでした。
どの医院が良いかは情報が無く調べがつきません。「えいやっ!」という気持ちで決めます。

場所はビルの3階だったか4階。
当日は問診表を記入し、医師の診察を待ちました。
部屋は狭くて、先に手術を受けている方がいるらしく、「変な匂い」スペルマのような匂いが充満していた。
→この時は医師の説明を受け納得したら手術を受けようと思っていた。

診察に当たった医師はズケズケとした物言いで優しい印象は無かった。
こちらが説明を求めた時には丁寧な口調になるのは、こちらを説得しようとしている気持ちが取れる。
私をベッドに寝かせポークビッツを手に取り触診、「皮が厚い」と言われる。
これにより「コスメティック・サージェリー法(基本切除法)63,000円」から、
「ネオ・コスメティック・サージェリー法(精密切除法)105,000円」へ変更となる。
→どちらの切除法も環状切除術です。
→サフィットを装着し剥き癖をつけていたことを話すと、「それにより皮の形がおかしくなった」
「剥き癖をつけても意味は無い」と言われるも納得。

また、「皮を切除しても君の亀頭は小さいから皮が戻ってくる恐れがある」
「亀頭も大きくする必要があるね」と言われるも「それは亀頭増大術ですね?」と返す。
医師は同じ言葉を繰り返し私の質問にYESと答えようとはしなかった。
「亀頭増大手術はお金がかかるし結局元に戻る」と聞いていたので拒否。
医師の方が折れる形で終わる。
→クリニック側は言葉巧みに色々な手術を提案し了解させ受けさせようとします。
事前によく調べ、「気持ちがブレないように」気をつけましょう。

その後費用の内訳を確認し本人の署名を書かされる。
→費用の内訳を見て合計金額が「168,000円」になっていたのに驚く。
「基本+精密」という計算になるらしい。他の医院の料金表は知りませんが、私のようなポークビッツ、
「皮の厚いペニス」はこの位の値段は必要なのかもしれません。
もし、「軽度」「重度」や「基本」「精密」などで料金が分かれていた場合、どの医院でも結局は費用の高い方になるでしょう。

署名を書いたら「即手術」前掛けをして待った無しでベッドに寝かされます。
→ここで顔に紙を乗せられる。手術はグロテスクであるから見ない方が良いとのこと。「少しひっかかる」。
→すると別の医師だろう人が入ってきて手術を始めた。診察した医師は指示を出しているようだった。

まず「ギリギリ」という音を立てた機器がペニスを伸ばしていきます。
次にペニスに麻酔を注射をします。何回挿されたか…10回くらいかな。 チクッとします。
とても恐ろしくて小さく震えていました。
麻酔が効いてきたら後は「掴まれた」「引っ張られた」くらいしかわかりません。切られてるはずですがね。
後はレーザーで焼かれました。この匂いが部屋に篭っていたのです。
→簡単な会話はやってくれました。こちらは恐ろしくて震えていたので、少しは落ち着くことができました。
→また、切った皮を見せてほしいと頼むも断られる。医院の規則だそうだ。「少しひっかかる」。

最後に縫っている感覚がし、包帯を巻いて終了。
執刀した医師を見ることもできず、何をされているのかも見ることができないでの終了。
カウンターにいた人を含めてここにいる人間は3人らしい。
後はペニスをぶつけないよう注意を受ける。「自身の過失によるアフターサービスは無い」ことの説明だった。

支払いの際にクレカを提示するも限度額を 超えるらしく軽くパニック。
近くのコンビニで10万円おろし6万8千円を分割で支払う。
→予定した金額を上回ることもあります。先にも書きましたが、高い方の費用で考えた方がいいです。

そして、治療後の注意事項の用紙と痛み止めの錠剤、座薬、抗生物質(化膿止め)、消毒液、軟膏、綿棒、包帯一週間分
を支給される。
→消毒は次の日から。その日は術後巻いた包帯のまま。
→たまにジンジンくるが痛くはなかった。きつく二重に巻いていたので尿はうまく出ません。

消毒期間は1日1回7日間。
消毒し、軟膏を塗り、包帯を巻く。
→術後のペニスを初めて見ると痛々しいことこの上ない。血は乾き、吸収糸でイガイガでした。
→出血はその内なくなりますから安心して下さい。
→「裏筋のあたり」が飛び出たように腫れ出血していますがその内なくなります。
→「包帯が黄色く変色」しますが傷口からでる分泌液によるものなので安心して下さい。
→化膿した時は尋常じゃない痛みを伴うらしいのでそこで判断できます。

シャワーは消毒を始めて5日後から、入浴は消毒期間が終わってから可能とありました。
→くわしいことは説明あるいはその用紙に書いてあるでしょう。

縫合した糸は吸収されるもので、ペニス内部の糸が吸収されると、外部の糸はスルリと抜けました。
一ヶ月近く経っても残っていたので毛抜きで抜いたり、引っ張って玉になっている所を切ったりしました。
→引っ張ると痛いので無理はしない方がいいです。あのまま待っていても抜けていたでしょう。
→糸が抜けた所は穴になっていて、そこから菌が入り化膿するかもしれません。私は少しなりましたがイソジンで治療しました。

SEX、オナニーは糸が全部抜けたらとあります。一ヶ月以上はできないということです。
が、我慢できず術後7日後にオナニーをしました。傷口を当然避け根元を動かし射精しました。
とても気持ち良かったのですが出血しました。どんなに優しくシゴいても出血すると思います。
射精の際に根元を押さえ射精を止めたりしても出血します。当然ですね。
→このせいか医師の力不足かはわかりませんが、今でも縫合した部分が少し引きつっています。
よって、糸が抜ける前のSEX、オナニーは「しないほうがいいでしょう」。

2〜3ヶ月後には縫合糸は抜け腫れは引きます。
→糸が残っている感覚というか、縫った跡だからなのか、縫合した部分は硬くなります。摘むと分かります。
→完全に傷が塞いでいたとしてもまだ鍛錬は控えた方がいいでしょう。引きつるような感覚もややあると思います。
ご自分のペニスと相談、観察をし気をつけて行って下さい。
半年近くたった今では問題なく鍛錬を再開しております。

現在のペニスの状態ですが、皮が亀頭を越えてくることがあります。
「精密切除を受けても皮が戻ってくる可能性はある」ということです。過信していました。
前よりひどくはなく、直立の状態では頭は出ますが、かがんだ姿勢になると戻ってきます。
風呂に入って温めたりすると戻っちゃいます。
→こういうのがイヤなら亀頭増大術をしてしまった方が満足できるかも。私はイヤですが。

勃起したペニスですが、亀頭は露出していて満足しています。
→恐いのは皮の切りすぎで突っ張ること。これを避けた結果が今の私のペニスなのでしょう。

ミスターハイによる鍛錬についてですが「手術前よりも引ける」ことは無くむしろ「逆」です。
引くことで突っ張った状態を作り出しているわけですから、伸びしろの皮がなくなった分、引けなくなったのです。
このことについてはこれからも調査していきたいと思います。
→皮があればあるほど引けるのかもしれませんね。

〜結果〜
.汽侫ットはつけてもつけなくてもいいという状態。
通常の状態ではムケチン。
K峙時の亀頭露出に満足。
にス臧分は綺麗とは言えない

以上で私のレポートを終わりにしますが、これは私個人の体験と見解であります。
他にはうまくいった方、素晴らしいペニスを手に入れた方もいると思われます。
ただ、私と同じようなペニスを持った方が手術を受けようか悩んでいたのなら、
この体験談を参考にしてほしいのです。


notebookさん、ありがとうございます。
とても詳細な報告で、包茎手術に興味を持っている方にはとても参考になったのではと思います。

ではいくつかポイントを挙げてみますと、

・ミニちんちんにいくら剥きグセを付けた所で無駄、このままずっと器具を装着し続けるのは嫌だしムケチンになって自信を持ちたい

・(皮が厚いと言われ)基本切除法から精密切除法(高額なもの)へ変更となる

・切除しても亀頭が小さいから皮が戻ってくる恐れがあるので亀頭も大きくする必要がある、と言われ、それは「亀頭増大術ですね?」と聞いても、なぜか医師は同じ言葉を繰り返すだけで私の質問にYESと答えようとしなかった

・亀頭増大手術はお金がかかるし結局元に戻る、と事前知識があったので、亀頭増大術は拒否

・クリニック側は言葉巧みに色々な手術を提案し了解させ受けさせようとします。事前によく調べ「気持ちがブレないように」気をつけましょう

・もし、「軽度」「重度」や「基本」「精密」などで料金が分かれていた場合、どの医院でも結局は費用の高い方になるでしょう

・術後のSEX、オナニーは糸が全部抜けたらとありますので、一ヶ月以上経ってから

・ミスターハイの鍛錬は、完全に傷が塞いでいたとしてもまだ鍛錬は控えた方がいい。(半年近くたった現在は問題なく鍛錬を再開しています)

・ミスターハイの吸引は、手術前よりも引けることは無くむしろ逆で、以前より引けなくなった

・術後のペニスは、かがんだ時などは皮が亀頭を越えてくることがありますが、勃起時は亀頭は露出していて満足しています


・・・とこんなとこでしょうか。

私が個人的に特に気になった所は
「亀頭増大術ですね?と聞いても答えようとしなかった」という所ですね。
なぜちゃんと答えないの?答えない理由は何?誤魔化そうとしてんの?不思議でなりませんが。

あとは、やはりというか何というか、結局は高額な手術の方を勧められてそっちになってしまうというパターン。これもよく聞く話で「やっぱりかー」と思ってしまいましたが・・・

こういうとこに、この業界の「怪しさ」みたいのがプンプンしてきますが、
まあでもnotebookさんは怪しさはいっぱい感じたけど、でも結果的にはそれなりに満足してるようですので、良かった方なのではないでしょうか。

とにかく、もしこれから受けようとしている方は、ただ医師の勧められるままに・・・ではなく、
(この業界はぶっちゃけ怪しいですから)事前知識をきちんと持っておく事が大事だと思います。

※包茎手術を受けにいったらペニス長茎手術も勧められてやって後悔したという方もいますし、
包茎手術以上にペニス長茎手術はよりずっと注意が必要だと思います。


ですからまず、包茎手術とはどういった種類があってどういうものなのか、
料金体系や、クリニックの評判などをしっかり調べた上で臨んで欲しいなと思います。
それが、失敗しない為の一番の方法だと思いますので。

あと、吸引が以前より引けなくなったというのは、私のとこにはこういうデータは無かったので
目から鱗でしたが、原因としては伸びしろの皮が無くなったというのもあるかもしれないでしょうが、
他には、しばらくトレーニングを休んでブランク期間が長かったために(ペニスが少し縮んで)
伸びないというのも考えられると思います。
まあこれはこれからの成長に期待!ってことで楽しみにしてましょう。

ではnotebookさん、生の貴重な体験をとても詳細に書いてくださって本当に有難うございました。きっと多くの包茎手術に興味を持ってる方の貴重な参考資料となる事でしょう。
ありがとうございましたm(_ _)m


PS.尚、包茎の手術に関しては以前にも包茎手術体験談いただいてますので、
そちらも併せて見ていただければと思います。
(こちらの場合は亀頭直下埋没法。今回のnotebookさんは環状切除術)

 ※いつもありがとうございます。「1日1票」よろしくお願いしますm(_ _)m  
投票ありがとうございます!
⇒ブログランキング投票